医療法人孟仁会 ひでんいん(悲田院)クリニック 神経科・内科・精神科




ひでんいん(悲田院)クリニックの心がけ

アルコール専門外来

 当院は昭和56年、全国に先駆けてアルコール依存症専門診療所として開院し、通院治療に取り組んでまいりました。(当時名称:【医療法人弘心会 小杉クリニック本院】 平成27年より現在の名称に変更)
 アルコール依存症の治療と言えば、かつては入院治療が主流でしたが、開院以来「治療の3本柱」を有効に活用した外来治療を実践し、多くの回復者を生み出しています。

◆◇◆ 外来治療のメリット ◆◇◆

  • 精神科病院への入院よりも、本人にとっても、家族にとっても、治療に対する抵抗が少ない
  • 強制的な断酒とは違い、本人がやめていこうという主体性が尊重されやすい
  • 通院回数や通院時間(夜診帯などの利用)など、治療形態が柔軟である
  • 隔離された状態ではなく、地域の中で治療を行うため、地域の自助グループに参加しやすい
  • 特別な状態の中ではなく、日常生活を送る中でお酒をやめていくことが、本人の自信につながる
  • 家族が、本人がお酒をやめていく努力をしている姿、または回復していく姿を見やすい
  • 日常生活の中で治療が行われる為、様々な生活問題やアルコールによって引き起こされた障害や、回復過程で現れる課題に、その都度、必要に応じた援助ができる
  • 個々の回復の流れに沿って、長い目で見た関わりが可能である

 




 
12:30-13:30
院内ミーティング
12:30-13:30
初診者ミーティング
12:30-13:30
アルコール講座


12:30-13:30
本人・家族合同ミーティング
10:00-11:00
女性ミーティング
第3(土)12:30-14:00
月例会


   
AAメッセージ
第1(月) 13:30〜14:30
大阪マック メッセージ
第2(金) 13:30〜14:30
断酒会 メッセージ例会
第3(月) 13:30〜14:30

一般精神科外来



心の不調は、どんな人にも起こります。
一人で抱え込むより、一度、思い切って相談してみませんか。
以下のような症状がある方は、早めの受診をおすすめします。


・寝つきが良くない 夜中によく目が覚める 熟睡できない
・憂うつな気分が続く
・自分はだめな人間だと考えてしまう
・やる気が起きない
・何となく不安でイライラする
・食欲がない または 過食気味である
・有るはずのないものが見える
・誰もいないのに声が聞こえる
・人が恐い 人にじろじろ見られているように感じる
・現実感がない
・物忘れがある


【一般精神科外来】では、上記のような心の病気に対し、精神療法・薬物療法を行っております。




TOP診療案内診察時間・地図初めての方へご家族の方へデイケア




copyright(c) 2008 医療法人孟仁会 ひでんいん(悲田院)クリニック. All Rights Reserved.